エピソード

シーズン1 シーズン2 シーズン3 シーズン4 シーズン5 シーズン6
シーズン7

第1話「怪しいゲスト」 SMOKE AND MIRRORS

ハンプトンズに初夏がやってくる。この日はディヴィヤの娘、サシの誕生を祝う伝統儀式と盛大なパーティーが開かれる。ハンクはイベントに合わせ、ボリスと一時帰国する。このときハンクは冬場、一時帰国した際に診察したランスと再会する。その頃ディヴィヤの元には元恋人のラファからメールが届いていた。それは彼のストーカーがハンプトンズに向かった可能性があるという一報だった。

第2話「家族集合!」 ALL IN THE FAMILY

突然ハンクたちの前に現れたエマは、自分の正体を明かす。このことはハンクとエヴァンにとって衝撃的な内容だった。その頃ハンクはケンの依頼で、テニス選手のアーロンとトレーシーを診察する。アーロンによるとトレーシーは本調子ではないと言う。またジェレマイアは医療部門のトップとして手腕を振るうが、ディヴィヤやサシとの共同生活に振り回されていた。

第3話「遠すぎない橋」 A BRIDGE NOT QUITE FAR ENOUGH

エマはエディと出会い、自分が実の娘であることを告げる。だがエディはエマの母親の名前を聞いた途端、不信感を募らせる。その頃ハンクは、アニーという女性を診察する。彼女はたびたび吐き気や息苦しさに襲われている。その症状はインフルエンザと似ていた。一方ディヴィヤはベビーシッターのティルダを雇い、フルタイムで仕事に復帰する。またジェレマイアはバーテンダーを治療した店を訪ねる。

第4話「モンテカルロの罠」 STEAKS ON A PLANE

エヴァンとペイジは「ハンガー・ゲーム」をテーマにエマの歓迎会を行う。このときある出来事がきっかけで、消防車が出動する騒ぎとなる。するとディヴィヤとジェレマイアは、署長のケヴィンが咳き込んでおり、呼吸が浅くなっていることに気づく。その頃ハンクはボリスに呼ばれてモンテカルロに向かっていた。そして現地に着いたハンクは、思わぬボリスの姿を目にするのだった。

第5話「顧客争奪戦」 GOODWILL STUNTING

ハンクとエマはジョギングに出かけた際ソチのメダリスト、リッキー・ホワイトと遭遇する。その頃、ペイジとラッセルは、イタリア系のレイから屋敷のコーディネートを依頼される。その時レイが体の痒みを訴えたことから、ペイジはハンク・メドを紹介する。一方ハンクたちはSNSで注目されているナンシー・コンラッドというダンサーの診察を行うことになる。

第6話「危険な男」 EVERYBODY LOVES RAY, MAN

ハンク・メドの人々はレイとの繋がりを深める。ペイジたちは彼の自宅に続いてレストランのコーディネートを任される。一方ハンクは、レイの店のシェフ、フランクリンを診察する。彼はアルコールに溺れた過去があった。またディヴィヤは、レースチームのクルーチーフ、デイヴを診察する。その頃エヴァンとジェレマイアはハンク・メドの新しい拠点「ハンク・ラボ」を作るため、不動産探しに奔走する。

第7話「エレキテルな夜」 ELECTIRIC YOUTH

ハンクとディヴィヤは、37歳のビリーを診察する。彼は「ハッピー主義」を掲げて日々、気ままに暮らしている。そんな彼はDJをしている時に感電し、味覚を失っていた。一方ジェレマイアはヴィヴィアナの友人ホープを診察する。彼女はしばらく前から首に鋭い痛みがあった。同じ頃ペイジとラッセルは順調に仕事をこなし、エマはさまざまなパーティーに出入りしていた。

第8話「モナコの恋」 I DID NOT SEE THAT COMING

ある雨の日、ハンプトンズに一人の美女が現れる。彼女はシャーロットと言う盲目の女性だった。一方ディヴィヤとジェレマイアはナオミという女性を診察する。彼女は不妊治療を受けており、副作用と思われる症状に苦しんでいた。その頃エマは「エマ・フー」というあだ名で、ちょっとした有名人になっていた。またペイジは敷物の一件でラッセルに対する不信感を募らせていた。

第9話「完成! ハンク・ラボ」 OH, M.G.

ハンク・ラボがオープンした。そんな中、ラボ近くで一人の男性が派手に転倒する。彼は香水ショップを開いている、サムという青年だった。その頃エヴァンは、エマやシンコの若い感覚に自分が付いていけないことに気づく。またジェレマイアはヴィヴィアナに、移民裁判を専門とする弁護士を紹介しようとする。一方ハンクはシャーロットとデートを重ねる。

第10話「異国の風に吹かれて」 GOOD AIR BAD AIR

ハンクとエヴァンは「レイが腹痛を訴えている」というペイジからの連絡を受け、ハンプトンズ記念病院に駆けつける。すると記念病院では思わぬ事態が待っていた。一方、調度品の返却を行っていたラッセルは、自分のせいで一人のメイドが窃盗の疑いでクビになったことを知る。その女性はウェンディと言った。同じ頃ハンクは、ボリスの依頼でアルゼンチンへ行くことが決まる。

第11話「エヴァンの決意」 HANKMED ON THE HALF SHELL

ハンクはアルゼンチンでトビアスの治療に当たる。一方ディヴィヤはロレーナにサシを渡して欲しいと訴える。その途中で、ロレーナの腕に大きな発疹があることに気づく。またハンプトンズではレイが銃撃されたことで、エヴァンとペイジが大きな決断を迫られた。同じ頃ジェレマイアは、モデルのスローンを診察する。彼女はCMの撮影で街に来ていたが、いくら食べ物を飲み込もうとしても吐き戻していた。

第12話「オズの正体」 A BIGGER BOAT

ハンクとエヴァンは、エマが処方箋の用紙を盗んだことを突き止める。エヴァンはこのことをペイジに相談する。一方ハンクはエマからシンコの診察を依頼される。彼はしばらく前から手首に違和感があった。同じ頃、ディヴィヤとジェレマイアはボートハウスを経営する青年チェイスを診察する。彼は頭痛や関節痛を訴えるが原因は分からない。ボート作りの際にはマスクを着用しており、毒物を吸い込んだ様子はない。

第13話「無敵の兄弟」(最終話) GANGING UP

ハンクたちはエマの行方を必死に捜す。だが馴染みの警察官ドンの所にも目立った情報は上がってこない。この頃、町には懐かしい人物が姿を見せる。ハンク・メドと記念病院で勤務していたポール・ヴァンダイクだ。彼が戻ったのには理由があった。同じ頃ヴィヴィアナの移民裁判が行われる。このときディヴィヤには思わぬ出来事が待っていた。またエヴァンとペイジはボブのセラピーを卒業しようと決意する。